TIMES

役立ち情報

TOP > 役立ち情報 > お店のコストについて考える

お店のコストについて考える

2014.10.29.

キャバクラ経営で一月あたりのコストの詳細

キャバクラ経営は水商売なので、利益ー経費で残り売上だから利益がでればいいではないかという店長さんも多いと思いますが、キャバクラ経営で今求められているのは適正利益です。適正な利益を出すためには何が必要なのかということ、またどれくらい経費を削減して売上をだせば目標の利益に到達するかを考えなくてはなりません。

経費一覧(例)

・家賃(20万)
・給与【男女】(男3名100万,キャスト売上40%)
・食べ物飲み物(20~30万)
・事務費(ネット代、電話代、光熱費10万)

だいたいこんな感じでしょうか。

キャバクラでの固定費と変動費

キャバクラ経営でしっかり把握しておきたいコスト管理!キャバクラ運営で一番悩まされるのは変動費です。その日任せの対応だと日に日に問題は悪化して行きます。キャバクラの変動費は主にキャストの給料です!普通のお店では売り上げの40%をキャストの給料にするという努力をしていると思います。その中で日々の紙集計をやっている店舗も多くあり、女子給比率やバランスっといったキャストに対する価値や店舗売上の給料の割合など細かい数値も出していると思います。店舗によって計算の出し方や呼び方は違うかもしれませんが、だいたいの店舗が数値での管理を行っています。そして、お店の売上目標や経費がいくらなのかというのが決まっていくのです。結構時間がかかる作業ですよね。

注目キャバクラのポスシステムのコスト削減

優良キャバクラがコスト削減やキャバクラ運営に努力をしていて、その改善策として今注目されているキャバクラポスシステムのTRUST(トラスト)!!iPadで日々の伝票管理や集計業務をする事により、売上データの集計、給料の計算、不正防止&ミス防止などが完璧にできるようになります。お店を運営していく上で一番最初に考えてなくてはいけないのがお店の繁盛!つまり売上です。その売上を継続して出し続けるためにキャバクラポスシステムのTRUSTを考えていただければいいと思います。

店長または社員が2,3歩先の経営を意識、今お店の売り上げが良い店舗は現状維持、ではダメで次に組織づくりを意識しなくてはなりません。部長やオーナーなど管理職が考えるのは当たり前で対策していないなら経営者としては失格!ただ、今求めているのはスタッフのオーナー目線です。男性スタッフがオーナー目線であれば、お店のコストや売上を考えられるのでそういった教育をするためにも数字をちゃんと把握できるキャバクラのポスシステムの存在なども知っておかなくてはなりません。常に店舗のコストのことを意識している男性スタッフは必然的に幹部候補にあがります。

この記事に関するキーワード

関連する記事

開業に必要な手続き②

2014.09.22

提出書類が異なる注意点 キャバクラは風俗営業になります。法律上では午前0時までしか営業できません。しかし、風俗営業にあたらないタイプのスナックは深夜酒類提供飲...

歌舞伎町のXENO(ゼノ)で高額請求による逮捕が発生

2014.12.01

歌舞伎町のキャバクラで逮捕者 12/1(本日)の夕方のニュースでも大きな扱いで報道されていましたが、歌舞伎町のキャバクラ「XENO(ゼノ)」でお客さん3人に対...

こんなキャバクラで働きたい!を目指す

2014.11.18

キャストの求人の悩みを解決するには キャバクラを経営、もしくは店長をしている方であれば誰もが抱えたことがあるであろう悩み、キャストの求人。女性求人サイトに...


トラストで業務が楽に安全に!
今なら、14日間無料。

キャバクラ店長・オーナー様は、下記よりお問い合わせください。
弊社の担当がお電話もしくは、店舗・会社へお伺いさせていただきお問い合わせに対応いたします。

資料請求 無料お試し申込み お問合せ


top