TIMES

役立ち情報

TOP > 役立ち情報 > キャストを育てる意識を持つ⑤

キャストを育てる意識を持つ⑤

2014.10.27.

前回キャストを育てる意識を持つ④でキャストのタイプを見分けることが重要ということは述べさせて頂きましたが、
そんなタイプなんてなかなか見分けられないよ!という方もいらっしゃると思いますので、
ここでは、全部のキャストに共通することについて述べさせていただきたいと思います。

キャバクラで働いている女の子は何かしら理由があります

なにも意味もなくキャバクラで働く女の子はいません。
それは全てのお仕事に共通することかもしれませんが、全ての女の子に働く理由があります。

キャバクラに憧れて始める人、

今までの仕事全てに馴染めずスカウトされて始める人、

生活の為に仕方なく始める人、

学費のために始める人、

時給が高いから始める人、

知られたくないという人もいるかもしれませんが、その女の子の為に何かしたいと想うならその人のことを最低限、理解しておくことは必要です。まずは、キャストさんに親身になってあげて下さい。変な意味ではなく愛情をもって接することでお互いの信頼関係をしっかり構築しましょう。

利用されてる。。そう思われることが最も女の子のやる気を損ねる

キャストがキャバクラのシステムをわかってきてしっかり戦力になってくる頃には、今まで知らなかったことや知らなければいけないことをしっかり理解しています。
そうすると女の子の中には、『私は利用されてる』そのように思い始めるキャストが出てきます。
それは、お店のシステム上しかたがないことなのですが、なぜそのように思い始めるキャストがでてきてしまうのでしょうか?

キャストは個人事業主

他の仕事と違ってキャバクラ嬢は個人事業主と扱いが同じですね。
自分が頑張ることによって給料が大きく増え、調子が悪い時には減りもします。
しかし、キャバクラ嬢は頑張れば頑張るほど給料が増え続けるということはありません。
お店側のシステムによってどこかで頭打ちになることが多いのです。売上の65%貰えれば御の字なのです。
あまり売り上げられない時は、40万の売上でも30万、35万、もらっていた女の子もいるはずです。
しかし、200万300万と売り上げるようになった途端に給料はもらえても100万180万となってしまうのです。

売り上げられない女の子の給料を売り上げている女の子が払う

キャバクラの世界は売り上げのある子が、そのお店の給料を払っていると考えてもおかしくありません。
それは、この世界の不文律の掟でもあり、常識なのです。
売り上げを上げるとそのことが気になってしまう女の子が出てきてしまいます。
キャスを育てる意識を持つ⑥http://wp.me/p51WuE-7Uに続きます。

この記事に関するキーワード

関連する記事

キャバクラの歴史

2014.08.27

キャバクラの誕生 キャバクラは1980年代に、キャバレーの庶民性とクラブの落ち着き感の2つをいいとこ取りした業態として池袋、新宿にオープンしたのをきっかけに爆...

開業に必要な手続き①

2014.09.17

必要な資格は風営法上の許可だけではありません キャバクラなどを開業するには、風俗営業等の規制及び業務の適正化のために、風俗営業法の資格だけとればいいと思ってい...

開業に必要な手続き③

2014.09.26

キャバクラ開業に役立つポイント キャバクラという業態は開業しては店をたたみ、また開業するという行為を2年周期ぐらいで繰り返している業態である。その背景には様々...


トラストで業務が楽に安全に!
今なら、14日間無料。

キャバクラ店長・オーナー様は、下記よりお問い合わせください。
弊社の担当がお電話もしくは、店舗・会社へお伺いさせていただきお問い合わせに対応いたします。

資料請求 無料お試し申込み お問合せ


top