TIMES

役立ち情報

TOP > 役立ち情報 > キャバクラ開業に関わる規制

キャバクラ開業に関わる規制

2014.09.10.

キャバクラ開業のトレンド

以前までは脱サラをしてラーメン屋を開業したいという方や、農業をやりたいという方の話を耳にしたことがありましたが、最近よく聞くのがキャバクラを開業したいという方たちです。以前まではキャバクラを開業する方はずっと夜の業界でやってきた方や、ちょっと怖めの組織に入っている方などw一般の方が入るには敷居が高いイメージがありました。しかし時代も変わり、このような一般の方たちも参入出来る業界になってきたというのはうれしいですね。
その様な方たちへ少しでもお力になれたらと今回はキャバクラの開業についてお話ししたいと思います。

キャバクラ開業

先程も述べましたが、キャバクラを開業することは以前より敷居が低くなってきています。開業を考える際には皆様「理想の店舗像」を思い浮かべると思います。例えば、内装は高級なイメージでやりたい、キャストの女の子達は綺麗な感じがいいなど。
もちろんそれはキャバクラの場合に限らず、なにかを始める際には目標や目的があると思います。

少し話を具体的にするとまず、キャバクラを開業するには「どこでお店を始めるか」が重要なポイントになってくると思います。趣味や税金対策などで開業するならまた別だと思いますが、脱サラなどでキャバクラを開業するなら、効率よくお金を稼ぎたい。と考えている方が多いのではないでしょうか。

そうなってくると、やはり駅前や繁華街になってくるでしょう。スナックなどは郊外の住宅地などにあったりしますが、キャバクラでは常連客はもちろん一見さんを集客する事や、疑似恋愛の関係を維持する為にも店舗へのアクセスが良く、同伴やアフターがしやすい立地が好まれ、あまりクオリティーが高くない店舗でも立地条件によりうまく集客が行えている店舗などもあります。

繁華街などに足を伸ばすと色んな雑居ビルを目にすることが出来ると思います。
大手のキャバクラを除いては、その様な雑居ビルにキャバクラの店舗を構えているオーナー様が多いと思います。
その際に気を付けなければいけないのが、「何階にお店を構えるか」です。
開業資金が沢山あり余裕がある方なら、通行人の目に触れやすい1階がおすすめです。路面店の集客はやはり2回以上に入っている店舗よりも良いと言えます。しかし文頭でもお話しした様に開業資金に余裕がある方では無いと賃料は少々高く感じられると思います。(1階の賃料は他の階より多い可能制が高い)しかし2階以上になると逆に、一見さんの入りやすさでは不利になってしまいます。なので、賃料に見合う収益を上げられるかどうかは事前に考えておくべきポイントでしょう。

開業するうえでの法律

先ほど、キャバクラを開業するうえで「何階にお店を構えるか」が重要とお話ししましたが、いやいやうちは専属のキャッチがいるから大丈夫!と思った方もいるのではないでしょうか。

しかし最近は「客引き行為禁止条例」により、その様な行為は取り締まりの対象にされてしまい、当然オーナーも処罰の対象になります。
その他にも地域によって出店が規制されるところもあり、開業する際は各自治体や不動産業者に確認する必要があるでしょう。

この記事に関するキーワード

関連する記事

キャバクラが流行する背景

2014.09.08

キャバクラは時間消費産業 今の時代では、癒しの時間を消費する産業が受け入れられている。マッサージ、オイルエステ、あとは、高級だがゆっくり食べられる飲食店など様...

付け回し、どうしてますか?

2014.12.10

お店の花形ポジション、付け回し キャバクラ業界に携わっている人はもちろん、キャバクラに2、3回遊びに行ったことがある人だったら恐らく1度は耳にした事がある...

【キャバクラ】キャストのモチベーションアップ

2014.10.01

キャストを支えるスタッフの重要さ キャバクラで一番大事なキャストのモチベーションや気持ちを管理するのはとても大変なことです。どういったことを言ってあげたらやる...


トラストで業務が楽に安全に!
今なら、14日間無料。

キャバクラ店長・オーナー様は、下記よりお問い合わせください。
弊社の担当がお電話もしくは、店舗・会社へお伺いさせていただきお問い合わせに対応いたします。

資料請求 無料お試し申込み お問合せ


top