TIMES

役立ち情報

TOP > 役立ち情報 > キャバクラで儲けるための料金設定

キャバクラで儲けるための料金設定

2014.09.16.

キャバクラで儲ける為に

キャバクラを経営している方なら誰でも料金設定に困った事があると思います。
繁華街などに行くと雑居ビルのいたる所に店名と料金表が書かれたキャバクラの看板が点灯している光景を見ます。

売上を上げるためにはいくつもある店舗の中からお客さんに選ばれなければいけません。
そのためには料金設定の前にまず店舗のネーミングが大事になります。一見さんにも選んで頂けるようにインパクトがある店名の方がいいでしょうし、一度来たことがあるお客さんに対してはもう一度来てもらえる様な覚えやすい店名であった方がいいと思います。

キャバクラではよく店のイメージやコンセプトがそのまま店名に使われるお店を多く目にします。
若くて元気な子が多くいるお店では「ハイテンション☆〇〇」やスチュワーデスなどのコスプレでお客さんをもてなしてくれる店舗では「〇〇スッチー」、「〇〇ナース」逆に最近流行りの年齢層が高めのお店だと「美熟女〇〇」
それかフランス語やイタリア語などを使った横文字系でシックな印象のお店も多いですね。看板などは店舗のイメージにあうカラーやデザインにすることで興味を持って頂きやすくなるでしょう。

もちろん店名を決める際には、近隣地域の店名と被らないようにしなければいけません。名前が被っているとトラブルの原因にもなりますし、オープン時期の忙しい時期にわざわざ警察署まで行って許可証を書いたり届け出をしたのに窓口であっけなく却下されてしまうという無駄足を生みかねません。
内装やスタッフ、キャストの色やお店のカラーなどを決めてもうすぐオープンだ!!という直前で許可が下りない。。なんて事が無い様に事前に近隣地域などの他店舗の店名は被らない様に注意しましょう。

ここからやっと、料金設定のお話しですが簡単です。シンプルでわかりやすい明朗会計を心がけましょう。よくキャバクラなどに行くお客さんなどや、街の常連で古くから街の事を知っている方なら気にしないかもしれませんが、やはり一見さんやキャバクラに初めて行くお客さんなどは店前にわかりやすく、シンプルな料金表が提示されていないと中々お店の中までには入って来てくれないでしょう。(まあだいたい店前にはボーイさんが立ってますが、、)それに東京はもちろん大都市圏ではいわゆる「ぼったくり条例」なるものがあり厳しく規制されていますので気を付けましょう。

さらにオープンしたばかりなら開店イベントなどで店の印象を持たせたり、期間限定で割引料金を設定し、新規の顧客を引き込む方法も必要です。例でいうと最初の1時間のセット料金や最初の指名料を割引してお得感をだしまずはお店の中に足を運んでもらいましょう。それは庶民的な料金設定をしているお店でも内装やキャストにすごくこだわっている高級店でも一緒です。

理想のお店を作れることを祈っております。

この記事に関するキーワード

関連する記事

池袋・五反田にキャバクラが増えている?

2014.11.26

池袋・五反田にキャバクラが増えている 池袋、五反田、新橋、歌舞伎町などなど毎日いろいろなキャバクラ激戦区を歩いていますが、最近ふと気になることがあります。「五...

顧客データを簡単に管理できるPOSアプリ【トラスト】

2014.08.06

顧客管理(CRM)することにより売り上げを伸ばし、更に効率化出来るシステム 最近、顧客管理(CRM)システムを導入する企業様が非常に増えています。それはキャバ...

開業に必要な手続き②

2014.09.22

提出書類が異なる注意点 キャバクラは風俗営業になります。法律上では午前0時までしか営業できません。しかし、風俗営業にあたらないタイプのスナックは深夜酒類提供飲...


トラストで業務が楽に安全に!
今なら、14日間無料。

キャバクラ店長・オーナー様は、下記よりお問い合わせください。
弊社の担当がお電話もしくは、店舗・会社へお伺いさせていただきお問い合わせに対応いたします。

資料請求 無料お試し申込み お問合せ


top