TIMES

役立ち情報

TOP > 役立ち情報 > 売上を上げるキャバクラとは

バーの画像

売上を上げるキャバクラとは

2014.11.21.

よく売るキャバクラはどう営業する?

キャバクラ業界の営業をしながら夜の街を歩いていると、本当に色々なことに気づきます。また店長さんやオーナーの方とお会いすることもあります。その際営業中の店舗にお邪魔することもあるのですが、ちょっと観察していると売上を上げている店舗の営業スタイルが見えてきます。何となく気になることではあるのですが、意外と売れる店舗に共通していることなので、是非目を通してもらえればと思います。

「今、満席なので」は避けた方がいい

基本的に通常の来客が不安な店舗は日頃から出勤キャストの数を絞っているかもしれません。キャストを絞った状態で予想外の来客によるキャストのマイナスが生じてしまう場合はもうしょうがないのですが、キャストが余っているのにも関わらず店舗の席の問題上通せる席がなくなってしまい、新規のお客さんを入れられず回転率を上げて行けない店舗を目にします。入り口でボーイが今席がないんです、と謝っています。この状況が大変もったいないです。ご案内する席を工夫するだけであと5組はご案内できるのになんて状況すらもあります。全部お一人様だったとしても40分1セット4000円だったとして20000万変わってくる訳ですから大きな違いです。よく打っているお店はこの辺が上手いなと感じます。少し狭い席に通されるとお客さんはたいてい良い気分ではないのですが、キャストだったりボーイが誠心誠意の接客をすることでみんな笑顔でお酒を飲んでいるように感じます。またよく売るお店はこの辺の入店、空席管理を何かしらの電子機器で行っていることが多いです。人間の脳で記憶するよりもコンピュータのほうがたくさん記憶できますし、間違いがないですから効率的ですよね。

よく売るお店ほど常連が多い

売上の高い店舗に共通して言えることはキャストとお客さんの仲がいいということです。言い換えれば常連客が多いということですね。売上の少ないお店ほど新規のお客さんばかりです。そのため客引きやキャッチによって集客する必要が生まれてしまい、人件費やキャッチへのバックなどで売上を減らすことになってしまいます。常連客を増やすには地道な努力が一番ですが、特にキャストやボーイの接客姿勢が大事になってきます。キャストの接客などについては過去に記事を書いているので興味のある方はチェックしてみて下さい。今度は訪問したお店でいいなと感じたボーイの接客態度や姿勢について書いてみたいと思います。

この記事に関するキーワード

関連する記事

先進的なキャバクラ用のPOSシステム

2014.07.24

キャバクラの店舗運営でお困りの方に 初めまして。株式会社DKのウェブ担当です。 現在株式会社DKではキャバクラ専門のPOSシステムを販売しております。 ...

会計の明細をレシートで見たいという要望に応えられるiPadのソフト

2014.08.08

POSシステムとレシート計算をうまく使い分ける キャバクラのPOSシステムを使っていていると、お会計時によくある延長交渉の時に「明細を見せて」という声にすぐに...

キャバクラの基本的なシステム

2014.09.03

独特な料金システムと給与体系 キャバクラは明確な料金体系による明朗会計で営業します。 セット料金を設定し、時間を超過すれば延長していくシステムで、キャストが...


トラストで業務が楽に安全に!
今なら、14日間無料。

キャバクラ店長・オーナー様は、下記よりお問い合わせください。
弊社の担当がお電話もしくは、店舗・会社へお伺いさせていただきお問い合わせに対応いたします。

資料請求 無料お試し申込み お問合せ


top