TIMES

役立ち情報

TOP > 役立ち情報 > 水商売という仕事について考える

水商売という仕事について考える

2014.11.17.

銀座のクラブでバイト経験のある女性の内定取り消し問題

キャバクラやクラブなど、いわゆる水商売でアルバイトをしている、もしくはアルバイト経験のある女性というと、皆さんはどのような印象を持つでしょうか?

ファミレスやコンビニなどと比べると少しマイナスなイメージを持たれる方もいるかもしれません。もちろん水商売に携わっているオーナー、店長、黒服の方たちはそんなイメージは持っていないでしょうが、現実はそうも行かないようです。

東洋英和女学院の4年に在学中の笹崎里菜さんは銀座のクラブでのアルバイト歴があったことを理由にアナウンサー職の内定を日本テレビから取り消されてしまいました。現在は笹崎さん側の訴えにより裁判になっています。

どうして内定を取り消されてしまったのでしょうか。

水商売は”清廉潔白”ではない?

笹崎さんは採用面接の際、クラブでのアルバイト暦のことを特に報告はしませんでした。
もちろんテレビ局側からもアルバイト歴のことは触れられず、研修時の肖像権問題の話が出て初めて
ネットに残っている銀座のクラブ時代の写真について考え日テレ側に報告したところ、件の通りとなったそうです。

内定取り消しの理由は「貴殿のアルバイト歴は清廉ではないため」ということでした。
日テレ側の主張が通ってしまったら水商売の仕事をしている女性は清廉ではないということを司法が認めることに
なってしまいますので日テレ側には厳しい戦いになることが予想されます。

もちろん笹崎さんの訴えが通り、入社することになったとしても今後を考えると、アナウンサーとしての
未来はかなり厳しくなってしまっているので、結果的にクラブで働いた経験があることが、
マイナスに働くこととなってしまいました。

どうして水商売の仕事はマイナスイメージを持たれるのか

アルバイトをする人からすれば、人から雇われて仕事をしてお金をもらうと言う根っこの部分は同じなのに、
どうして水商売でのアルバイトはマイナスイメージを持たれてしまうのでしょうか。
恐らくキャバクラ、クラブといった水商売系のお店は閉鎖的なイメージを持たれてしまっているのだと思います。
もちろん働く人からすればそんなことはないと思うかもしれませんが、実際にいろいろな声をヒアリングしてると、
キャスト希望の女の子からは、不安、お客さんとなる男性からはお会計が不明瞭、高すぎるなどさまざまなマイナスの
声も聞こえてきてしまいます。
実際にはクリーンな営業をしているのにこのようなイメージを不服だ、イメージを変えて行きたいと思っている方がいれば是非とも協力させていただきたいと思っています。
いろいろな解決策がありますので、是非コンタクトを取ってください。お待ちしています。

今日は珍しく気になるニュースがあったので、雑感を書いてみました。

この記事に関するキーワード

関連する記事

売上を上げるキャバクラとは

2014.11.21

よく売るキャバクラはどう営業する? キャバクラ業界の営業をしながら夜の街を歩いていると、本当に色々なことに気づきます。また店長さんやオーナーの方とお会いするこ...

キャバクラにおける問題解決の手段

2014.11.20

キャバクラ店舗に置ける課題は意外とたくさん キャバクラで働いたことがある人や、経営したことがある人は様々な問題に出会った事があると思います。求人をかけてもキャ...

開業に必要な手続き②

2014.09.22

提出書類が異なる注意点 キャバクラは風俗営業になります。法律上では午前0時までしか営業できません。しかし、風俗営業にあたらないタイプのスナックは深夜酒類提供飲...


トラストで業務が楽に安全に!
今なら、14日間無料。

キャバクラ店長・オーナー様は、下記よりお問い合わせください。
弊社の担当がお電話もしくは、店舗・会社へお伺いさせていただきお問い合わせに対応いたします。

資料請求 無料お試し申込み お問合せ


top