TIMES

役立ち情報

TOP > 役立ち情報 > 飲み会続きでも太りにくいお酒の飲み方

飲み会続きでも太りにくいお酒の飲み方

2014.12.08.

12月はお酒を飲む機会が増える

12月に入り2014年の終わりまで残すところ1ヶ月を切りました。毎年この時期になると忘年会などでお酒を飲む機会が増える人が多いのではないかと思います。ダイエットしていようが飲み会で自分だけソフトドリンクという訳にはいかないのでとりあえずお酒を飲まなくちゃ行けません。そのせいでこの時期には体重の増加に苦しむ人が多いかもしれませんが、キャバクラなど水商売で働いている人にとってはいつでも体重増加の恐怖と戦っています。太りにくくなる方法ってあるんでしょうか?現場で聞いたことがある話も含めて少し紹介したいと思います。

【糖質】に注意するべき

最近はカロリーオフの飲料が増えてきましたが、「糖質」に注意することも忘れては行けません。糖質のとり過ぎによって余ったブドウ糖が脂肪になって体内に蓄えられます。アメリカの学会で発表される研究などでは糖分に気を使えば脂肪分などアブラにはそこまで気を使わなくていいとも言われています。お酒に当てはめてみるとビールや梅酒、甘いシロップを使ったカクテルなどが糖質を多く含むお酒にあたります。糖質を含まないのはウイスキー(ハイボール)、焼酎、ジン、ウォッカなどの蒸留酒です。また白ワインなどはカリウムを多く含みむくみの原因になるナトリウムを排出する働きを持つ他、デトックス効果もあります。
なのでキャバクラ嬢やスナックの女性などは焼酎や白ワインを好んで飲んでいる傾向があります。容姿など外見が売上に直結してしまうこともあるため、みんな甘いお酒が好きでも気を使っているのですね。

おつまみに気を使う

飲み会続きで太る原因はお酒の飲み過ぎもありますが、高カロリーのおつまみを摂取する機会が増えることも大きな要因の一つになります。居酒屋のメニューは高カロリーなものが並んでいる上、肉や揚げ物など高カロリーなものを先に食べると一気に血糖値が上がり太りやすくなると言います。食べる順番を調節すること、炭水化物が多く含まれるものは極力控えるなどして自分の中で調整するようにしましょう。

飲み会の前から注意しておく

飲み会があると分かっている日はカロリーを調整しておくことをお勧めします。1日の基礎代謝よりも消費カロリーを抑えることが出来れば理論的には太らないことになります。
お酒は適量を守らないとむくんでしまい実際よりも太って見えてしまうこともあるので気をつけてくださいね。また寝る前2時間以内の飲酒も厳禁です。難しいとは思いますが、注意するようにしてください!きっと効果があるはずです。

この記事に関するキーワード

関連する記事

朝キャバや昼キャバという営業形態

2014.09.05

朝キャバ・昼キャバ ここ5~6年で首都圏や大きな都市では「朝キャバ」「昼キャバ」と呼ばれるお店がとても増えてきました。 朝キャバ、昼キャバというのは、そのま...

【POSシステム】ボタン一つでキャストの売上を集計できるアプリ

2014.08.04

キャストの成績管理を効率化するシステム キャストの数が増えるにつれてキャストの注文数や指名数、同伴数などの成績からそれぞれのバック率に応じてバックの金額を計算...

キャストを育てる意識を持つ⑤

2014.10.27

前回キャストを育てる意識を持つ④でキャストのタイプを見分けることが重要ということは述べさせて頂きましたが、 そんなタイプなんてなかなか見分けられないよ!という...


トラストで業務が楽に安全に!
今なら、14日間無料。

キャバクラ店長・オーナー様は、下記よりお問い合わせください。
弊社の担当がお電話もしくは、店舗・会社へお伺いさせていただきお問い合わせに対応いたします。

資料請求 無料お試し申込み お問合せ


top