ご不明点など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合せ03-6300-9166平日10:00~21:00

お問い合せ

数値分析でお困りの経営者必見!
数値分析が必要な理由とその解決策を紹介

  1. トップ
  2. TRUST POSレジ
  3. 数値分析でお困りの経営者必見!数値分析が必要な理由とその解決策を紹介

なんで、うまく数値分析ができないんだろう?


キャバクラオーナー様の中には、売上や人件費などの経費以外で、
経営に使いたい情報が把握できず、もやもやしている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば、
  • どのHPからどのくらいお客さんがきているんだろう?
  • キャッチから、どのくらいの売上が上がっているんだろう?
  • 新規のお客さんて、どのくらい来てるんだろう? など

弊社にお問い合わせいただいたお店の中でも、こういった経営において重要な数値が集計できていないお店も多いです。

成功しているキャバクラは、このような数値分析を細かく行い経営を効率化させています。

今回の記事では以下の2点を中心に解説していきます。

  • なぜキャバクラに数値分析が重要なのか
  • 数値分析を簡単に行えるツール、TRUSTレジをご紹介

細かい数値分析をして、経営を成功させたいキャバクラオーナー様はぜひご覧ください!

キャバクラ経営では数値分析が必須

まず数値分析が必要な理由です。
キャバクラの経営は単に内装にお金をかけたり、かわいい女の子を集めたりしてもなかなかうまくいきません。

もちろん目先の売上を求めることも重要ですが、大切なのは利益です。
利益や売上の考え方を式で表してみました。

  • 利益 = 売上 – 経費
  • 売上 = 来店人数 × 客単価
  • 来店人数 = 既存 + 新規顧客

このように数値を管理することで新しい施策を行った際に、どの数値に影響を及ぼして売上を伸ばすことができたかを把握できます。

より詳しい内容については、以下のキャバクラの売上アップの記事をご参考ください!

紙の伝票だとキャバクラ経営で必要なデータ分析が面倒

上記の計算を、紙伝票で集計して計算しようとするとかなり大変です。

売上の管理であれば、現金なのか、カードなのか、ツケなのか。
流入の管理であれば、新規顧客は何人なのか、どのHPから来店しているのか、など。

上記のように、経営に使いたい数字はかなり多いですよね。

そういった問題は、TRUSTレジを導入することで簡単に解決することができるんです。

トラストPOSレジを活用することで経営に必要なデータ分析が可能に!

ところで「そもそもPOS?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
一言で言えば、POSレジとは「売上分析機能がついたレジスター」のことです。

POSレジは通常のレジ機能に加えて、

  • 現金やカードなど金種ごとの売上管理
  • 経費の管理
  • 来店人数、客単価の集計
  • ドリンク等の販売点数の集計

などを、統合的に管理することが可能です。

そのためPOSを導入するだけで、売上、利益、来店人数など欲しい数字が簡単に手に入ります。

さらに水商売に特化したPOSレジのTRUSTでは、POSの基本的な機能に加えタグ機能を備えています。
このタグ機能を駆使することで、さらに細かい数値分析が可能になります。

トラストのタグ機能とは

TRUSTでは、伝票に付箋のようにタグをつけることができます。
このタグは会計が完了されるごとに、タグごとの個数、売上を自動で集計します。

実際の画面を見ながら確認していきましょう。

例えば新規のお客さんが来た場合、TRUSTで伝票を作成すると写真のようになります。
写真の伝票では、新規のタグをつけています。


この伝票で会計を完了させると、TRUSTの集計ページに新規のタグが集計されます。

タグ機能を使うことで様々なデータが集計可能に

流入ごとの売上を集計

伝票では新規のタグで集計をしてみましたが、タグ機能を使いこなせば下の画像のように、
  • 案内所
  • 飛び込み
  • 各種HP
など、様々な集計が可能となります。


お客様ごとの売上を集計

お店によっては、お客様の売上や来店頻度を管理しているところもあるでしょう。
写真にはありませんが、お客様の名前でタグを作成して集計することで管理が可能になります。

男女の比率も管理可能

上記以外ですと、例えば男女によってセット料金が変わったりする店舗もありますよね。
そういった場合でも、TRUSTレジではタグを使うことで男女ごとの売上の管理が可能になります。

TRUSTのタグ機能を使って、数値分析をしてみよう!

ここまで数値分析の重要性とTRUSTレジの使い方を見てきました。
タグ機能を使うことで、さまざまな数値データを集計できることが理解できたのではないでしょうか?

ここまでの内容をまとめますと、以下のようになります。

  • キャバクラの経営では数値分析は必須
  • POSレジを導入すると必要な数字を簡単に集計できる
  • TRUSTのタグ機能を使うことで、より細かい(新規客、流入など)の数値を集計できる

  • 今回紹介したTRUSTレジには売上集計やタグ機能以外にも、経営に役立つ機能がたくさん含まれています。
    TRUSTレジは導入実績も500店舗以上あり、多くのオーナー様からご好評をいただいております。

    少しでもご興味を持っていただけたなら、この機会にぜひお問い合わせください!