キャバクラの税金対策とは?
TRUSTレジについて解説

  1. トップ
  2. TRUST POSレジ
  3. キャバクラの税金対策とは?TRUSTレジについて解説

税金対策はどうなっているのかわからない


キャバクラを経営していると、「税金」について、以下のような悩みが出てきませんか?

  • 確定申告が面倒なので、作業を減らしたい
  • 税理士費用を抑えたいが、方法が分からない
  • システムを入れて税金対策をしたいが、何を導入していいか分からない

「税金対策」といっても具体的に何をしていいか分からない方も意外と多いのでは?
そこで今回の記事は、以下の項目を解説します。

  • キャバクラの税金対策
  • TRUSTレジを使うと税金対策になる理由
  • TRUSTレジの使い方(売上の確認方法など)

税金対策をしたいキャバクラオーナーの方は、ぜひご覧ください!

キャバクラの税金対策は2種類ある

キャバクラの税金対策は、主に「支払う金額を抑える対策」と「確定申告に関わる作業を減らす対策」があります。
具体的には、以下のような対策です。

  • 支払う金額を抑えるために所得を減らす
  • 確定申告にかかる費用や作業量を減らす

多くの人は金額の面でしか対策しようとしませんが、両方の面から対策することで、確定申告を本当の意味で楽に済ませることができます。

支払う金額を抑える対策

キャバクラで支払う税金の中でも大部分を占める所得税は「所得」に対して発生します。

所得(利益) = 益金(売上)ー 損金(費用)

所得を減らすには、女子給与を増やしたり、内装に投資したりして費用(経費)を増やすことが有効です。
ただし、税金を減らすためだけに無理矢理経費を使ったのでは、最終的にはマイナスになってしまう可能性があります。

そのため、今必要な経費が無い場合は「確定申告にかかる費用や作業量を減らす」ことを検討してみましょう。

確定申告に関わる作業を減らす対策

確定申告に関わる作業には、以下のようなものがあります。

  • 会計伝票(売上)の集計作業
  • かかった費用(経費)の集計作業
  • 税理士へのデータや書類の提出 など

以上のように、確定申告に関わる作業は多く、作業時間や人件費も相当かかっているのでは?

そこで、こういった作業を減らすには、TRUSTレジの導入がおすすめです。

TRUSTレジは、売上と経費を自動集計してくれるので、集計作業そのものがなくなります。
また、集計したデータはエクセルファイルでダウンロードできるようになっており、そのまま税理士に渡すことも可能。

TRUSTレジを導入すると、毎年行う確定申告の負担をかなり減らせるようになりますよ!

TRUSTレジを使うことで税金対策できる4つの理由

TRUSTレジを導入すると、以下のような理由で、税金対策に繋げることができます。

  • データ集計の時間が短縮される
  • 税理士費用が安くなる
  • 間違いは修正が可能
  • 夜業界特有の様々な項目に対応している

データ集計の時間が短縮される

TRUSTレジで税金対策できる1つ目の理由は、データ集計の時間が短縮されることです。

確定申告しようとすると、売上や経費のデータを集めるのが大変ですよね。

しかしTRUSTレジは、売上や経費を自動で集計してくれるので、集計時間を短縮することができます。

紙伝票と違い伝票データでの管理のため、伝票を探しやすく、紛失することもありません。

このようにTRUSTレジを導入すると、必要なデータの集計時間を短縮することができます。

税理士費用が安くなる

TRUSTレジで税金対策できる2つ目の理由は、税理士費用が安くなることです。

現在、確定申告をしようと思ったら、紙伝票を集計したものや、売上をまとめたエクセルデータを渡していると思います。

実は、税理士にもよりますが、上記のような集計データより、TRUSTレジでダウンロードしたデータを渡した方が費用が安く済むことがあります。

なぜなら、TRUSTレジでダウンロードできるデータは、日毎の売上や経費を分かりやすく表示してくれるので、税理士の方も簡単に必要な情報を取得できるからです。
実際に、TRUSTレジを導入したことで、月の顧問料が3万円から1万円になった店舗もあります。

このようにTRUSTレジを導入することで、税理士費用を削減することができるでしょう。

間違いは修正が可能

TRUSTレジで税金対策できる3つ目の理由は、税理士費用が安くなることです。

こういったPOSレジをシステムを導入すると、後から会計の修正や、会計でミスがあった時対応できるか不安な方も多いでしょう。

しかし、TRUSTレジなら心配ご無用。

TRUSTレジに入力したデータは、間違いがあった場合、後から修正が可能です。
TRUSTのシステム上で売上をチェックする際、間違いがあれば修正できますし、エクセルデータとしてダウンロードした後に修正することもできます。

もちろん誰でも修正できる訳ではなく、オーナーのアカウントだけ権限を付与して修正できるようにすることも可能。

TRUSTレジは、会計ミスなどのアクシデントが発生した場合でも、柔軟に対応することができます。

夜業界特有の様々な項目に対応している

TRUSTレジで税金対策できる4つ目の理由は、夜業界特有の様々な項目に対応していることです。

TRUSTレジは、現在は500以上の店舗に導入され、5年以上も水商売の店舗のお手伝いをしてきました。
TRUSTレジ導入店舗の確定申告だけでなく、税務調査が来た店舗の方とも相談して一緒に対応することもございます。

弊社スタッフは、夜業界の多くの知見・経験を保有しており、税金以外でも様々な相談も承っております!

経験豊富なスタッフが対応させていただきますので、この機会にぜひTRUSTレジの導入をご検討くださいね!

TRUSTレジの使い方を実際の画像付きで紹介

それでは、実際の画面を見ながらTRUSTレジの機能を紹介します。

売上を確認する方法

TRUSTレジを使って作成した売上データは、インターネットを経由してWebページで閲覧することができます。
専用端末など購入する必要はなく、お手持ちのスマートフォンやPCで確認できます。

TRUSTWebページのトップ画面
日報自動化機能の詳細はこちら

TRUSTレジを使うことで売上が集計される

TRUSTレジでは、日々の売上を会計の種類ごとに自動集計してくれます。
さらに、客単価なども自動で算出。

確定申告の際に確認する時も楽ですし、日々の締め作業にもそのままご利用いただけます。

日報自動化機能の詳細はこちら

経費を入力することで利益を計算できる

TRUSTレジには、経費を入力する箇所も用意されています。
また、女子給与は自動計算してくれます。

そのため売上ー経費で利益を計算することも可能です。



月間の実績
キャスト成績管理機能の詳細はこちら

間違いがある場合は修正も可能

伝票データに間違いがあれば、管理画面から修正することができます。



編集画面で、現金からカードに変更するといった会計種別の変更が可能。

オーダー管理機能の詳細はこちら

TRUSTレジを使って、税金対策をしよう!

ここまで、TRUSTレジで税金対策ができる理由と機能を解説してきました。

今回見てきたTRUSTレジで税金対策ができる理由は以下の4つです。

  • データ集計の時間が短縮される
  • 税理士費用が安くなる
  • 間違いは修正が可能
  • 夜業界特有の様々な項目に対応している

TRUSTレジを導入することで、確定申告の際は税理士にTRUSTレジのデータを渡すだけになり、これまでかかっていた時間を大幅に削減できるでしょう。

しかしTRUSTレジには、税金対策以外にも店舗経営に役立つ機能がたくさんあります。
キャバクラの税金対策を行いたい方は、まずは気軽にお問い合わせください! キャバクラ業界No.1のPOSレジの詳細はこちらから