TRUST POSレジ資料請求

キャバクラの給与計算が面倒!締め作業を効率化するためにトラストレジが最適である理由

  1. トップ
  2. TRUST POSレジ
  3. 機能一覧
  4. キャバクラの給与計算が面倒!締め作業を効率化するためにトラストレジが最適である理由

キャバクラ経営において給与計算が面倒に感じる方は多いでしょう。

キャバクラ経営において給与計算が面倒に感じる方は多いでしょう。

実際、以下のような悩みを持つ方もいらっしゃるはずです。

「これからオープンするが、やり方がよくわからない」
「給与計算を自分でしているが、かなり時間が取られている」

これに関して結論から言いますと、「トラストレジ」を利用することで、給与計算が楽になる可能性は非常に高いといえるでしょう。

今回は以下の内容について紹介していきます。

・トラストレジによって給与計算はどう変化するか
・トラストレジの実際の使い方
・その他のトラストレジの活用方法

「締め作業をなるべく効率化したい」という方は、ぜひご覧ください。

トラストレジを使うことで給与計算が楽になる

トラストレジを活用することで給与計算が楽になり、締め作業の時間を大幅に短縮することが可能です。

なぜなら、トラストレジには以下のような特徴があるから。

・伝票作成だけでなく、スタッフの給与の集計、計算も行ってくれる
・パソコンと異なり、iPadによって直感的な操作ができる
・履歴が残るので、不正も防止できる

これらの特徴によって、以下のようなメリットを享受できます。

・新人にパソコンを教えたりする必要はなく、「誰でも」すぐ簡単に操作ができる
・伝票作成~給与計算まで行うので、業務効率化だけでなく締め作業の短縮化も図れる
・不正や計算ミスなどの心配がなく、給与計算を行える

一言で言えば、「誰でも簡単に伝票が作れて、今までより圧倒的に早く給与計算が行えるようになる」ということ。

実際、トラストレジを導入していただいた店舗からも、

「1時間かかっていたのが、30分かからず終わるようになった」

と、「締め作業の時間が半分以上短縮された」というお声を頂いています。

なお、コチラの事例ではPC管理で締め作業に1時間かかっていたとのことですので、紙伝票の場合ですと更なる時間短縮が図れるのではないでしょうか?

このように紙伝票やPCのエクセル等で管理しているキャバクラオーナー様も多くいらっしゃるとは思いますが、

・新人、PCに疎い人、誰でも直感的に使用できる
・給与計算のための機能がついている
・不正防止機能もついている

これらの3点を考慮すると、トラストレジの利用によって締め作業は格段に快適になるはずです。

参考:導入事例

トラストを使ったら給与計算はどう変化する?

それでは、トラストレジを使うことで、給与計算は具体的にどのように変化していくのでしょうか?

まずは以下の表組をご覧ください。

 

紙伝票

トラストレジ

給与明細を作成する
プロセス

①紙伝票を記入
②日時集計表を記入
③月次集計表(エクセル)に転記
④給与明細を作成

①トラストレジに入力

②日報報告を作成

③日次、月次、給与明細が自動で完成

この通り、トラストレジは基となるデータさえ入力してしまえば、自動で計算を行ってくれるのです。

紙伝票と比較すると、自身で転記する手間や、場合によっては電卓を用いてご自身で計算したりという手間もあるのではないでしょうか?

しかしトラストレジを利用すれば手間が大幅に減ることに加え、機械での計算のため転記の際の計算ミスなどの心配もありません。

トラストレジによって、「正確かつ効率のいい」管理が行えるようになります。

とはいうものの、具体的にトラストレジはどのように活用すればいいのでしょうか?

表組で示した3つのプロセスを基に、トラストレジの詳しい使い方を紹介していきます。

①トラストレジに入力

トラストレジを利用する場合、これまで紙伝票に記載していた事項をiPadで入力します。

直感的に操作可能であることや、水商売に特化した機能の充実から、営業中は以下を効率的に行えるようになるでしょう。

・会計時の計算
・指名、ドリンクバックの計算
・時間管理

この際に入力されたデータからキャストごとの給与を自動で集計します。

②日報報告を作成する

日報報告では、以下のような伝票以外のデータを入力していきます。

・キャストの労働時間
・ヘアメイク
・送迎代
・衣装
・その他ペナルティによるマイナスなど

この他、店舗独自のボーナスや、厚生費・源泉徴収費等も自動で計算可能です。

※実際の日報報告画面の一部

営業中の指名、ドリンクバック以外にも、マイナス分や時間外などについても集計が可能となっています。

直感的な操作で、必要な情報を打ち込んでいきましょう。

③日次集計と月次集計が自動で作成される

「伝票」と「日報報告」を入力することで、これらのデータが集計され、自動で日次集計と月次集計が作成されます。

どちらも給与計算を行う上で重要な集計表であり、場合によっては売上分析を行う際にも活用できますね。

トラストレジの日次集計では、以下を一覧でチェックすることが可能です。

・営業日報
・現金管理
・入出金
・伝票一覧
・勤怠報告

日次集計の実際の画面は、以下の通りです。

このように、日ごとのデータをまとめてチェックできます。

続いて月次集計では、以下を一覧でチェックすることが可能です。

・売上
・経費
・粗利

月次集計の実際の画面は以下の通り。

一覧で月の売上や経費をチェックできますので、「曜日ごと、週ごとのデータを集計し、分析する」といったことも行えます。

これらが伝票や日報から「自動で」集計されるので、締め作業の手間がかなり減ることがお分かりいただけるのではないでしょうか?

データの修正も可能

「伝票修正」から、間違ったデータの修正も後から行えます。

不備があった際や、微調整の際に活用してみてください。

給与明細が作成される

最後に、これまでの集計結果をもとに、キャストやスタッフごとの給与明細が作成されます。

以下はキャストの売上集計の画面です。

キャバクラなどには欠かせない「指名」「ドリンクバック」等も、店舗ごとのルールに則り、自動で計算を行います。

そしてこの中からそれぞれのキャスト名をタップすると、給与明細を確認することができます。

キャストの営業成績が視覚化できますので、キャスト管理にも役立ちそうですね。

なお、給与明細はボタン1つでPDF化することも可能です。

ここまでトラストレジの使い方を紹介してきましたが、要するに「伝票・日報報告さえ作成すれば、後はトラストレジが自動で計算・作成を行う」ということ。

複雑な工程は特になく、給与計算や締め作業の大幅な効率化が期待できるでしょう。

トラストレジの使い方は様々

トラストレジの使い方を紹介しましたが、今回紹介したのはほんの一例。

トラストには様々な機能が盛り込まれていますので、最適なトラストの利用方法は店舗ごとによって異なります。

これに際して、以下のような疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

  • 「具体的にどう使えばいいんだろう?」
  • 「うちの店舗にとって最適な使い方は何だろう?」

トラストでは、これまで500店舗へのトラスト導入とヒアリングにより蓄積された知識で、店舗ごとに最適かつ効率的なトラストの使い方を提案させていただきます。

データはすべてエクセルで出すことができるため、現在使っている給与計算のエクセルと組みわせて使うことも可能。

紙伝票を使用している方も、エクセルなどPCのシステムを利用している方も、トラストの使い方や取り入れ方次第で、現在の業務を大きく変えることができるはずですよ。

新規店舗には給与システムのアドバイスも可能

このほか、トラストでは新規店舗に対しての給与システムのアドバイスも行っています。

  • キャストのモチベーションを上げるために給与形態はどうすればいい?
  • ドリンクバックや指名など、ボーナスはどのようにするのが最適?

キャバクラにおける「商品」はキャストであり、キャストのモチベーションは経営状態に直結する要素だといっても過言ではありません。

これから店舗を始める場合、どうせなら最適な給与形態を整え、キャバクラとして最高のスタートを切ってみませんか?

新規店舗を始める際、こういったお悩みがある場合もぜひご相談ください。

まとめ

今回はトラストレジの「給与計算」の機能について紹介してきました。 単純な時給だけならまだしも、水商売においては「ドリンクバック」「指名」等の要素もあるため、キャスト全員分の給与を計算するというのは中々骨が折れる作業ですよね。

しかし、今回紹介したトラストレジの機能を活用すれば、あなたが入力するのは

  • 伝票
  • 日報報告

だけで済みます。

導入事例では「締め作業の時間が半分以下に短縮された」という実際の声もありますので、もし現在締め作業・給与計算の手間に頭を抱えているようであれば、トラストで給与計算を効率化してみませんか?

店舗ごとの最適な使い方もご提案させていただきますので、まずは一度ご相談ください。

ウィジェットエリア